Sebastian Schwartz セバスチャン シュワルツ
Sebastian Schwartz Composer / Arranger
僕は劇的だけど現実的でもあり聴き手がその世界にどんどん入り込んでいけるような、そんな音楽を創りだすことに全力を注いでいます。ゲームによくある想像の世界の作曲では、多様な文化の様々な要素や時代感を取り入れて、ユニークでワクワクするような曲になればいいな、と思って作曲しています。特にオーケストレーションの作曲が一番興味があるし得意でもあるけれど、他のジャンルの曲であってもクライアントの要望に応えて創りだして行きたいです。僕は作曲の仕事を心から大切に思っていて、参加させてもらったプロジェクトがより一層輝くよう全力を尽くします。

Profile

download profile

link

セバスチャン・シュワルツは幼少時にキャット・スティーヴンスに魅了され、9歳の頃に両親から初めてのギターを買って貰った。そして初めてギターを弾いたその時から、直感的に音楽の仕事で才能を伸ばせればと考えたのである。高校時代にはカバーバンドに入り、その後冒険的なジャズ・ロックのフュージョンアンサンブルに熱中。ベルリン自由大学の音楽学部にてハンス・ヨアヒム・ヒンリヒセンの下でカウンターポイントを学んだ後、ドイツの名門音楽校であるドレスデン音楽大学ジャズ学部に入学した。ジャズを学ぶ傍ら一方では世界の多様な音楽ジャンルに影響を受け、セバスチャンが幼少期から聴いてきたポップ、ロック、ジャズ、そしてブルースとの接点を保ちつつも、アジアや中東の東洋音楽も好むようになった。その後テネシー州ナッシュビルのベルモント大学音楽学部に留学。ジェフリー・カークとウィリアム・パーセルの下て作曲、編曲、管弦楽法を本格的に学んだ。アメリカ留学時代にセバスチャンは、ヨーロッパにはないアメリカン・ルート・ミュージックなどの知識も深めていった。この頃から伝統的な楽器と電子楽器をフュージョンさせたセバスチャンが得意とする独特の作曲スタイルを築いた。ジャズギター、作曲、編曲の学位を取得後、プロの音楽家としての活動を開始。2004年には世界最大のセーリングスポーツイベントであるキールウィークに、管弦楽作曲家、編曲者としてイベントに参加。キールフィルハーモニー管弦楽団とドイツの人気ポップグループ、ディプリンツェンを競演させ、当日の悪天候をものともしないジャンルを超えたコンサートで観客を沸かせた。以来、セバスチャンは主に映画や広告用音楽の作曲家としてのキャリアを確実に築いていった。特に映画音楽のようなダイナミックなサウンドの作曲を得意としている。また数々の大手ゲーム会社にも音楽を提供し、その奥深く感動的で革新的な楽曲がゲームプレイヤーたちをゲームの世界に引き込んでいくと多方面で高い評価を得ている。

Works

『ヘブンストライク ライバルズ』(SQUARE ENIX/2015)
『BIOHAZARD 6』(CAPCOM/2012)
『サムライ&ドラゴンズ』(SEGA/2012)
Panasonic・一眼レフLUMIX G DMC-GH4HEB UK用PV (2014)
日産・ジュネープモーターショー プロモーションビデオ (2011)
日産グローバルデザインセンター・イメージフィルム 編曲及びオーケストレーション指導 (2004-2010)
キールフィルハーモニー管弦楽団 楽曲提供 (2004)
ゴエールリッツ劇場 楽曲提供 (2003)
他…

  • 中條 謙自

    Kenji Nakajo

    Sound Producer

    link

  • 海田 明里

    Akari Kaida

    Composer / Arranger
    / Lyricist / Vocalist

    link

  • 谷岡 久美

    Kumi Tanioka

    Composer / Arranger
    / Pianist

    link

  • 山田 玄紀

    Haruki Yamada

    Composer / Arranger

    link

  • Sebastian
    Schwartz

    Composer / Arranger

    link

  • Daniel
    Lindholm

    Composer / Arranger

    link

  • KOTO

    Singer / Lyricist
    / Narrator

    link

  • 峰 香代子

    Kayoko Mine

    Singer / Songwriter

    link

ページトップへ